読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年5月14日(土) 晴 : ミチビク


◆ 今日はとてもいい天気だった。そして、暑かった。甥っ子と何回か休憩を挟みながら外遊びしたのだけど、気持ち3回は干乾びていた。家に戻ると烏龍茶を飲んだ。氷を入れて、きんきんな飲んだ。それでもなんだかぼけーっとなっていた。右鼻の奥につーっと何かが伝う感覚があったから、鼻に指を突っ込んでみたら、鼻血だった。今日はやはり暑かったんだな。家に帰ってからお風呂に入るのが億劫だった。でもさっき入って、さっぱりした。たまにお風呂が嫌になる時もあるけど、お風呂に入ればやっぱり良いになる。

◆ 今日は目が覚めて、家の周辺を散歩したんよ。前日から明日の朝は散歩しようと決めていた。今、私に必要なのは、意識的に選択する事だと思う。ちょっと目を離したらすぐ怠惰に連れられて行くから、自分で自分の道を歩かないといけない。さもなけりゃ、生きてたって、死んでるようなものだから。これは決して自分を束縛するものではなくて、自分の人生を望む人生にするためのものだ。
 自分を真に監視できるのは、自分しかいない。どれだけ私が頑張ったか、どれだけ私が怠惰だったかを私は一番知っている。私をすぐそばで見られるのは、私自身なのだ。私が怠惰や欲望に導かれていたら、私が私自身の人生へと導きなおなきゃならない。いつだって私は、人生の先頭を歩いて導いていないといけない。その肝心な私が、怠惰であってはならないのだ。

◆ 誰かと会話するのは、やっぱり楽しい。誰かと意思疎通ができるのは、やっぱり嬉しい。人に対してあまり良い思い出が無いけれど、最近そう思えてきた。今日になって、その気持ちが強くなった。もっとこう言えばよかったな、こう接すればよかったなが増えてきたのは、いい傾向だと思う。これも甥っ子とか近所の子どもと遊んだり、会話をしたりしているお蔭かも知れない。ありがたや。