読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年5月08日(日) 晴 : ジコケンジ ト ジイコウイ

窓からの陽ざしに誘われてベランダに出てみると、雀が囀る声が聞こえた。マンション前の大通りも交通量がまだ少なく、健やかで静かな朝だった。清んだ空気を吸っていると散歩したくなったから、恰好を整えて散歩した。イヤホンを片耳に付けて音楽を聴きなが…

2016年5月07日(土) 晴 : コウフク ト マンゾク

午前中は何をしていたか覚えていない。生活の習慣 ―ご飯、歯磨きなど― の他に何もしていない。だらだらとテレビを観ていた気がする。人生のための事なんて、何一つしていなかった。テレビだって、何を観ていたかわからない。怠慢に身を任せて、なあなあに観…

2016年5月06日(金) 雨 : ナマケモノ

朝から『なまいきシャルロット』を観ていたのだけど、うとうとと眠ってしまった。ちょっと観て、知らない場面になって、またちょっと観ると、知らない場面になる。その繰り返し。わけがわからなくなったから、見直すことにした。 面白くないとかそんな事では…

2016年5月05日(木) 晴 : ヘンテコリン

―― 今日はりんくうタウンに行ってきた。もう電車の時間や、行くぞ、と突然に誘われて、着替える時間もなかったから、へんてこりんな恰好だった。部屋でポテトチップスを食べるような恰好だった。電車の中でも気になって仕方なかった。自分じゃないみたいだっ…

2016年5月03日(火) 晴のち雨 : サルマネ

―― 今日はCDとDVDを売ってきた。4000円くらいになるかな、と予想していたのだけれど、2700円だった。落胆してしまった。パンダに抱きつかれた気分になった。でも帰り際は、「ありがとう」が言えた。いつもタイミングを逃すから、言えなかった、と帰り道でく…

2016年5月1日(日) 晴 : カラスは使者なのか。

―― 最近、夜が怖い。明日が来ないんじゃないかと考えてしまう。あんなに夜中が好きだったのに。このまま眠ってしまえば、もう朝日を浴びることは出来ないんじゃないか、そう考えてしまうのだ。好きだから夜更かしするっていうより、今は怖いから夜更かしして…

2016年4月29日(金) 晴 : 人生という檻にいる。

―― 今日は、肌寒かった。薄手のセーターを着ていたのだけど、それでもひんやりとした。今日は動物園に行ったのだけど、電車の中では本を読んでいた。だからか、電車の中で気持ち悪くならなかった。何か別の事に集中するのがいいのかも知れない。意識の外にし…

2016年4月28日(木) 雨 : 千代千代

―― 今日は、筆写した。夏目漱石の文鳥。良い文章、良い小説は、書き写したくなる。こんな風に書けたらな、と思いながら、書き写す。書き写しても、そうはならない。そうなってはいけないのかも知れない。これは自分で体得しなきゃいけないものな気がする。形…

2016年4月27日(水) 雨 : さよなら、今日    

―― 普段は日記帳に手書きで書いているのだけれど、1ページじゃ足りないと思っても、文章を付け足したいって思っても、なかなか修正する事ができないから、ここでも書いていこう。打った方が速いし、打った方が思うままに書けそうな気がする。手書きは時間が…